12月1日(2日)忘れられない日になるでしょう。

こんばんは。

本日も堅調に為替トレードを行っていました。しかし、本日は忘れられない日になります。

今日は税制改革への期待からドル高円安の見込みで取引していて、概ね理想的な形でした。その他の不安要素もなく、正直イージーな環境。
しかし、ぶっこんできました!!!!!!!!!!

「トランプ氏の側近、国家安全保障問題担当大統領補佐官フリン氏がトランプの大統領選挙運動中にロシア大使などのロシア政府関係者と接触を重ねていたことに関してFBIの調査に対して偽証していた容疑。」

有罪確定らしいです。

113円へのチャレンジ相場で112円を損切に置いてたんですがそれ自体は悪くないと思います。今回は本当の想定外です。

ただでさえ動きの大きい相場に備えて準備していたにもかかわらずまさかの斜め上からの攻撃でした。この値動きに対する予想は難しいとして、予防線はやはり必要です。27日からの転換もそうですし、USDJPYの取引でトランプ政権でのアメリカの動向は値動きを大きく左右するような通常とは異なる要因が含まれているようです。

儲かった人も損した人も今回は時の運。ただ、一時的な値動きにも3円程度は耐えられる取引を行うことが賢明ではないかと思います。僕はいったん全てのポジションを切りました。

アメリカ政府の人間がロシア側の人間とかどこまで下がるか予想も出来んわ!!!!!!!!!!というのが本音ですごく悔しいです。
でも知識があれば損切りしてないのも事実です。税制改革の発表まで待てるので。僕は謎の値動きを税制改革へ向けた値動きと思ってしまったので早めに退場してしまいました。

積み上げた利益をものの見事に吹っ飛ばしましたが、これも貴重な経験です。週明けに再度挑戦します。

Hiroki Yorhistani