HP制作事業の再開!!

こんにちは。HwwwMです。

ホームページ制作の仕事をようやく再開しました!!さかな屋でも良いスタッフが育ってくれて、安心して仕事ができる環境が整いました。

今回、自分から営業を行うのは医療系のみに絞りました。これは地元に帰ってきて一番困った業界だからです。僕が腸閉塞っぽくなったとき、川崎病になった息子が体調を崩したとき、虫歯の治療をしたいとき、娘が舌を切ってしまったとき、前から車に追突されたとき。全て長崎に帰ってきてから困ったことです。

東京にいるときに子供が産まれて、出産したての息子はすごく体が弱くて困っていました。でも東京なら遊びに行った先でもすぐに病院が見つかるんですよ。とても安心できるんです。福岡に住んでいる時も、病院は100%ネットで探すんです。知らない土地ではネットが全てなんですよね。僕はこれこそがずっと地元にいると気付かないことで、とても大切な事だと思います。

ある種、医療が「サービス業」として認識されているってことです。

子を持つ親として知らない土地で子供の医療機関を探す場合、待合室から気にします。飲食店の評判を食べログで確かめるように医院の口コミも見るんです。でも長崎では医院の情報をひた隠しにしているような、情報をユーザに提供しないようにしてるんじゃないかと思うくらい。僕はユーザと事業者の間にこれだけのギャップがある状態が不思議でたまらないんです。

全ては変えられないけど、まずはこの疑問を解消したいです。政治家になりたいって目標はあるけど、政治家にならなくても変えられることはあると思います。

「医療はサービス業」って、お医者さんに言うと絶対に嫌われます。でも僕は世間が医療をサービス業と認識しつつあると考えています。事実、Googlemapでは望まずとも医院に星の評価を勝手に付けてます。

黙っていると損する時代。僕の経営するさかな屋も心当たりもない評価をいただくこともあります。だからこそ魅力は自分で発信する必要がある。長崎に旅行に来ても、長崎に引っ越してきても、長崎に帰ってきてもいつでも安心して過ごせる環境になってほしいです。まだまだ頑張りたいこと山積みです。

HwwwM / さかな屋
Hiroki Yoshitani