勉強・進学がどう活きるか。

こんばんは。HwwwMです。

最近はとてもありがたいことに過去最高に忙しい。でも不思議と疲れはなくて、とにかく楽しいです。元気です。

3月は卒業・合格発表のシーズンですが、とても嬉しいことがありました。

スタッフの娘さんが進学校に合格することができました!!

思い出します。僕は長崎北高校出身ですが、合格発表の日は心臓が破裂するような緊張感を持って掲示板を見て、自分の受験番号を見たときはその場にいた誰よりも大声で喜んだんじゃないかと記憶しています。

今なら分かるんですが、進学校に行くメリットって『環境』なんです。

優秀な人に囲まれて過ごすと当たり前の意識が上がってさらに勉強する。勉強しやすい環境を手に入れることができるわけです。もしも受験を失敗すると、その先は誘惑との戦いになるんです。実は学生も自然に理解してて、だからこそみんな入り口で頑張るんだと思います。受験はほぼ初めて経験する人生を左右する修羅場で、そこで得られる最も価値のあるものは成功体験だと思います。

自分が欲しいと思った結果を自分の力で得ることができたという成功体験は自分の行動を肯定できる糧になります。

勉強なんてやる気さえあればできる、と今の僕は思います。ただ社会に出ると勝つか負けるかだけの世界です。綺麗事なしにそれくらい残酷です。素晴らしい環境を手に入れるために頑張って、実際に成功すること。努力が報われることの味を知ることでさらに先の快感を追い求めるようになります。

要は向上心を持てるようになるんです。失敗・失敗・失敗する人が持つのは向上心ではなくリカバリ精神です。辛辣に思うかもしれませんが、向上心は良い結果あってこその言葉です。

先ずは良い結果を得る。その結果に満足せずさらに良い結果を求めるサイクルが向上心です。

 

受験が上手くいったなら今の自分を惜しげもなく誇っていい。

受験が上手くいかなかったら次の成功に全てを捧げてほしい。

 

全社会人がすべからく経験したであろう出来事ですが、社会人になって大半の人が失うのもこれじゃないでしょうか。受験生たちを見て、話を聞いて僕は鳥肌が立つくらい当時の出来事を鮮明に思い出すことができました。

 

これからもっと大人になっていくみなさんに言える、大人としてありきたりな言葉は『少年よ、大志を抱け。』です。

ただ、僕だけの感覚なら『ご卒業おめでとうございます。今の友人たちを一生大切にしてくださいね。』に尽きます。

どんな環境でも友達が今後の宝物であることに変わりはないですね。

Hiroki Yoshitani