「FX trading」カテゴリーアーカイブ

【これは便利!】MONEXカレンダー

こんにちは。HwwwMです。

年末は忘れもしない12月1日にトランプ政権のロシアゲート疑惑で見事に狩られました。一度頭を冷やし、本日より取引再開です!

僕は飲食店も行っているので、忙しくなると重要指標の発表を見落としてしまうことがありました。何か確実に通知を受け取る方法はないものかと探したところ・・・ありました!!!

MONEXカレンダー

Googleカレンダーに同期出来て非常に便利!忙しい日でも指標を見落とさない!是非ご活用ください。

Hiroki Yoshitani

12月1日(2日)忘れられない日になるでしょう。

こんばんは。

本日も堅調に為替トレードを行っていました。しかし、本日は忘れられない日になります。

今日は税制改革への期待からドル高円安の見込みで取引していて、概ね理想的な形でした。その他の不安要素もなく、正直イージーな環境。
しかし、ぶっこんできました!!!!!!!!!!

「トランプ氏の側近、国家安全保障問題担当大統領補佐官フリン氏がトランプの大統領選挙運動中にロシア大使などのロシア政府関係者と接触を重ねていたことに関してFBIの調査に対して偽証していた容疑。」

有罪確定らしいです。

113円へのチャレンジ相場で112円を損切に置いてたんですがそれ自体は悪くないと思います。今回は本当の想定外です。

ただでさえ動きの大きい相場に備えて準備していたにもかかわらずまさかの斜め上からの攻撃でした。この値動きに対する予想は難しいとして、予防線はやはり必要です。27日からの転換もそうですし、USDJPYの取引でトランプ政権でのアメリカの動向は値動きを大きく左右するような通常とは異なる要因が含まれているようです。

儲かった人も損した人も今回は時の運。ただ、一時的な値動きにも3円程度は耐えられる取引を行うことが賢明ではないかと思います。僕はいったん全てのポジションを切りました。

アメリカ政府の人間がロシア側の人間とかどこまで下がるか予想も出来んわ!!!!!!!!!!というのが本音ですごく悔しいです。
でも知識があれば損切りしてないのも事実です。税制改革の発表まで待てるので。僕は謎の値動きを税制改革へ向けた値動きと思ってしまったので早めに退場してしまいました。

積み上げた利益をものの見事に吹っ飛ばしましたが、これも貴重な経験です。週明けに再度挑戦します。

Hiroki Yorhistani

自分なりの取引手法

こんにちは。

先週はなかなかいい取引ができました。為替についてまだまだ初心者ではありますが、何となく自分なりの形が固まりつつあります。僕の取引手法は以下の通りです。

・長期足のトレンド方向のみで取引

・短時間決済はしない

・一番近場の揉み合いそうなラインにタッチしたら決済

・逆張りはしない

etc

 

なので、朝からの作業は線引き作業です。高値・安値の各時間足のラインを引き、4h足でエントリー。なかなか言葉で説明するのは難しいですが、以下のような作業です。

経済指標はあまり気にしすぎないようにしてます。

今週もぼちぼち頑張ります。

 

Hiroki Yoshitani

10/27 【FX】本日のチャート考察

こんにちは。10月27日のチャート考察です。

基本的に4時間足での取引を行っています。通常はトレンドフォローでの取引に絞っていますが、本日は反転の予測でした。下値の切り上げが鈍り、上値も重くなってきています。前回高値を更新する陽線が出た場合はロングで勝負、そうでない場合はショートで勝負と決めて見守っていました。

21:30の7−9月期国内総生産(GDP)の結果は良好であったものの、結果として円高に進みました。バイザルーモア・セルザファクトってこういうことなんじゃないかと実感できます。

最近は経済指標を気にしすぎるよりもチャートの形だけで取引をするように心がけています。その方が機械的に取引ができるためです。特に4時間足は短時間足の集合体であるため、よりチャートの形で勝負ができるように思います。北朝鮮のミサイルなんかも一時的な反応はあるにせよ、最終的には通常の流れに収束しています。

現在は少額取引で10日で6万円程度の利益です。

利益よりも今は勝率が大切です。現在の勝率を年内に継続することができれば取引価格を上げます。そうやって確実に資産形成をすることで金銭的な不安から脱却していくことが可能になります。

やってみると理解できてきますが、投資はデータがほとんどですし継続することで無意識に理解できるようになります。チャートの形を見て感覚的に相場の流れを理解できるレベルまで押し上げることができれば、圧倒的に有利に取引を進めることができます。パチスロや競馬で勝つ人と原理は同じですね。

引き続き勉強します。

Hiroki Yoshitani

10/19-10/20 値動き考察

こんにちは。HwwwMです。

今日の値動きです。

最近は4時間足に絞って取引をしています。理由は時間足が長い方が確率論的に信頼性が高いためです。

FXがギャンブルではないことを最近はしっかり理解できてきています。ただ願望として「上がるかもしれない」「下がるかもしれない」というのがギャンブルです。理由を分析すればギャンブルではなくなります。失敗しても勉強です。

さて、昨日は最悪のポイントでエントリーしてしまいました。

赤丸がエントリーしたポイントです。完全に乗り遅れてしまいました。高値を更新し、下値を切り上げています。上昇トレンドと見て売りの注文を除外します。トレンドラインを引いて予測としては上記の通りです。一時は反転したものの、しっかりした押し目をつけて翌日時点でプラスに転じています。

損切は前回下値を割った場合です。

毎日チャートとにらめっこするうちに何となく見たことのあるチャートの形に出会います。そうすると少しだけ自信を持ってエントリーできます。

何事も勉強と継続だなと痛感します。

Hiroki Yoshitani

10/18 今日の値動き考察

こんばんは。HwwwMです。

本日は理想的な転換点でした。

私見ですが為替に絞って言うと、時間軸が短くなるにつれてギャンブル性が高まって、時間軸が長くなるにつれてギャンブル性が高まるような気がします。

前者は本当にギャンブルです。相場の方向性が定まっても逆には動きます。スキャルピングは本当のプロ以外は無理な作業です。為替がギャンブルと認識されがちなのはこの層の取引ばかりクローズアップされるからでしょう。時間軸が長すぎると小資本では利幅が少なすぎる上に、北朝鮮などのミサイル問題に対処できない可能性があります。

時間軸を延ばすことで確率理論に基づいてきます。「今の流れがこうだから、数時間後にはこうなる。」といった発想です。僕はこれで勝率7割を超えています。

思うに、短期的な大衆心理は初心者を多分に含むんではないかと。

 

今日のチャートは4時間足や1時間足で見るとなるべくしてなっています。

 

このチャートから予測できる値動きはよほどのことがない限り上昇です。ただどこまで上昇するかは少なくとも今の自分では判断ができません。

前回高値にタッチする辺りが決済ポイントでしょう。

その後の上昇も予見はできましたが、飲食事業のOPENだったので今回はエントリーしませんでした。

結果はこんな感じ。

利益確定としては本日は1回の取引のみで4,000円程度。8連勝です。

運ではなく根拠を求めることで勝率は上がります。なぜなら為替は世界の情勢を表すものでギャンブルではないからです。

 

「勝ちたければ勉強しろ!」

 

勉強を怠って可能性を信奉すると全てがギャンブルになって、データから判断するものは例えパチスロであろうとギャンブルではないと僕は思います。

みなさんの将来の勝率は何%ですか?

勝率を上げる方法を模索し続けましょう!

 

Hiroki Yorhistani

EUR/USD & USD&JPY

お疲れ様です。

今晩は自宅でチャートとにらめっこです。

毎日毎日見ているとなるほどと思うことがあるのですが、あらかた自分のトレード手法が見つかりました。USD/JPYでの取引にこだわりたいのですが、そのシグナルは素直な相場ではEUR/USDのシグナルを見るのが確率的に非常に高いように思います。

現在の相場です。

EUR/USDは実に読みやすいです。基本的には上記の相場は相反する値動きをします。変動理由にもよりますが。最近この値動きの相関関係だけを注目してきましたが、市場の仕組みだから当たり前ではありますが、かなりの確率で当たります。

ここで重要なのが、通貨ペアの相関関係を知ることでより売買のシグナルを発見しやすくなるということです。USD/JPYの情報だけでこの相場で売買するのはただのギャンブルだと思います。しかし、EUR/USDではシグナルが出ています。EUR/USDの動きを見てUSD/JPYの動きを予想することはこの相場では可能です。

僕の場合はまだこの程度ですが、その他の通貨ペアとUSD/JPYの相関関係を頭に刷り込むことができれば、さらに優位に取引を進めていくことができるのではないかと思います。

 

「相関関係の理論なんか当たり前だろ!」と言われるかもしれません。

 

FXに限らず、ネットには情報が溢れています。しかし、自分なりに噛み砕いてその情報をしっかり理解できる努力をしないうちは自分の知識とは言えないんですね。最近は痛感します。

その点で今日の相場は来週に活きる相場である気がします。

 

Hiroki Yoshitani

9/20・21 FOMC発表後の値動き考察

こんばんは。HwwwMです。

昨晩から本日にかけて、別事業が爆発中で値動きを見る暇もありませんでした。投資家を志すものとしては失格ですね。

さて、今回のFOMCの結果です。

んー。正直見てなかったのが痛いのですが、15分足や30分足で勝負するには個人的には不安な動きです。

今回は見てなかったのが痛いですけど、エントリーのタイミングを見誤ると痛い相場です。ただ、トレンドフォローで相場を見る限りでは反転は見られません。

非常に重要な指標を見逃した以上、変な考察はできませんね。

 

その他の事業や家庭の事情もありますが、見逃すのは罪だと改めて実感しました。

悔しいです。

 

 

9/15 トレードのポイント考察

9/15 の値動きのチャートです。

USD/JPYの取引をメインとしてますが、この日は以下の重要指標が発表されました。

・米国 21:30 8月小売売上高(除自動車)(前月比)

予想:0.5% 結果:0.2% 前回:0.5%

・米国 21:30 8月小売売上高(前月比)

予想:0.1% 結果:-0.2% 前回:0.6%

本日の値動きの考察です。

一日の値動きの考察

1時間足では上昇トレンドであることがうかがえます。僕はトレンドフォローなのでロングのポジションで勝負したいところです。

9/15 05:00に長い下ヒゲの陰線が出ています。下降トレンドの終焉が予想できます。間近の高値を上抜けた後、110.293辺りでエントリー、上昇の強さを見ながら110.620、111.033あたりで決済かなと思います。

指標発表前後の値動き

重要指標の発表前は保有ポジションを手放す人が多いためか、トレンド反転、もしくはレンジ相場化することが多いように思います。指標発表の30分前には下げ始めました。一般的に30分前に決済するよう書かれているブログなどが多いため、さらに15分程前には取引を終えていたいところですね。

HwwwMでは経済指標別の検索ができるよう解説を続けます。ある程度データが溜まったら是非参考にしてみてください!まだまだヒヨッコトレーダーですが・・・

9/14 21:30 経済指標前後の値動き考察

9/14 の値動きのチャートです。

USD/JPYの取引をメインとしてますが、この日は以下の重要指標が発表されました。

・米国 21:30 8月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

・米国 21:30 8月消費者物価指数(CPI)(前月比)

・米国 21:30 8月消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)

 

指標発表前、レンジ相場から上抜けています。僕の場合はトレンドフォローを基本としていますので、20時頃がエントリーポイントですね。前回高値から110.710あたりをターゲットにしました。※昨晩は仕事が忙しくて取引は行っていません。

ただし、21:30に重要指標の発表を控えていたので、21:00にはポジションを決済する人が増えるだろうと予想できます。

バイ・ザ・ルーモア セル・ザ・ファクトと、与沢翼さんの動画でも常々言われますが、指標発表で結果は良かったのにドルが売られてます。重要指標の結果から勝負をするには、もう少しインパクトのある数字が必要なんでしょうね。

自営なので仕事中でも常にチャートを見ていますが、毎日見てると意外と理解できてくるものです。