「management」カテゴリーアーカイブ

マニュフェスト

こんにちは。HwwwMです。

最近は為替もさかな屋も好調です!さかな屋の営業形態変更に伴う各種作業でてんやわんやしていました。ようやく明日から新さかな屋としてスタートできます。

さて、統一地方選出馬作戦もまだまだ検討中なわけですが、画期的なマニュフェストを思いつきました!

「市民皆英会話プロジェクト」

大手企業では、もはやTOEICの点数は欠かせない選抜条件になっています。僕は30歳ですが、僕が新卒の時は本格的にTOEIC重視の選考ではなかったのでどうにか助かりました。

長崎に住んでみるとわかるんですが、何とも言えない閉塞感を感じます。P-ZONEの閉店しかり、三菱の業績しかり、土建業の将来性しかり。この閉塞感を打破するには、綺麗事を無しにしてとにかく『お金』しかありません。とは言え、誰もがほぼ確実に儲かるビジネスなんて不可能で、どこかで反発が起きます。だからこそ個人の主体性が重要な参加型・努力型政策として「市民皆英会話プロジェクト」としたわけです。

極論、英語が話せれば確実に今よりも稼げます。建築、溶接、塗装、防水、不動産、小売り、飲食、旅行代理店、旅館、etc…いろいろな仕事がありますが、英語を話せれば今より確実に状況は良くなります。特に長崎は職人の街です。建築技術や防水、塗装、溶接などの技術は東南アジアなどの途上国では非常に稼げるジャンルでもあるんです。

 

英語が話せることで今の職場から最大手へ転職できる可能性が上がる。経営者は従業員がみんな英語が話せれば経営のベクトルを外国へ向けることができる。長崎市としては、英語が話せる人が多いから外国人にとって訪れやすい場所になる。

理想は英語によって市民の給与を上げること、そしてさらに多くの外国人観光客を呼び込むことです。

具体的なターゲットは社会人です。

①4半期に一度、英語教育用のテキストを購入する(2,000円程度?)

②テキストを全て学習した人は無料で英会話スクールへ通うことができる。

※外国人留学生などへ、テキスト購入金から給与を支給する

テキストを購入するだけで仕事終わりに英会話スクールに通うことができ、さらにそこでの仕事的な出会いも期待でき、良いことずくしなのは間違いないんじゃないかと。良い経営者なら勉強熱心な職人さんなんか絶対欲しいので、ヘッドハンティングがてら参加するんじゃないかと思います。

任期は4年ですので、3年程度で確実に成果が出せるよう作りこむ必要がありますが、成功すれば長崎市がこれまでとは全く違う街になると思います。

久しぶりに ビビビッ!!!! ときたアイディアです。

異国情緒溢れる長崎だからこそ必要な政策でもあると思います。さらに練って掘り下げてみようと思います。

Hiroki Yoshitani

HP制作事業の再開!!

こんにちは。HwwwMです。

ホームページ制作の仕事をようやく再開しました!!さかな屋でも良いスタッフが育ってくれて、安心して仕事ができる環境が整いました。

今回、自分から営業を行うのは医療系のみに絞りました。これは地元に帰ってきて一番困った業界だからです。僕が腸閉塞っぽくなったとき、川崎病になった息子が体調を崩したとき、虫歯の治療をしたいとき、娘が舌を切ってしまったとき、前から車に追突されたとき。全て長崎に帰ってきてから困ったことです。

東京にいるときに子供が産まれて、出産したての息子はすごく体が弱くて困っていました。でも東京なら遊びに行った先でもすぐに病院が見つかるんですよ。とても安心できるんです。福岡に住んでいる時も、病院は100%ネットで探すんです。知らない土地ではネットが全てなんですよね。僕はこれこそがずっと地元にいると気付かないことで、とても大切な事だと思います。

ある種、医療が「サービス業」として認識されているってことです。

子を持つ親として知らない土地で子供の医療機関を探す場合、待合室から気にします。飲食店の評判を食べログで確かめるように医院の口コミも見るんです。でも長崎では医院の情報をひた隠しにしているような、情報をユーザに提供しないようにしてるんじゃないかと思うくらい。僕はユーザと事業者の間にこれだけのギャップがある状態が不思議でたまらないんです。

全ては変えられないけど、まずはこの疑問を解消したいです。政治家になりたいって目標はあるけど、政治家にならなくても変えられることはあると思います。

「医療はサービス業」って、お医者さんに言うと絶対に嫌われます。でも僕は世間が医療をサービス業と認識しつつあると考えています。事実、Googlemapでは望まずとも医院に星の評価を勝手に付けてます。

黙っていると損する時代。僕の経営するさかな屋も心当たりもない評価をいただくこともあります。だからこそ魅力は自分で発信する必要がある。長崎に旅行に来ても、長崎に引っ越してきても、長崎に帰ってきてもいつでも安心して過ごせる環境になってほしいです。まだまだ頑張りたいこと山積みです。

HwwwM / さかな屋
Hiroki Yoshitani

明けましておめでとうございます!

こんばんは。HwwwMです。

新年あけましておめでとうございます!

振り返る必要もないくらい濃い1年を経て、遂に勝負の年になります。るるぶの広告出稿のタイミングです。

30歳になって今の現状はある程度思い描いていた通りとも言えますが、満足できるものでもありません。唯一、今のスタッフと出会えたことは今後の人生でも宝物だと断言できます。

もうすぐ2年ですが、さかな屋をどのように変革していくかについては頭の中でも実際の行動でも自分なりに真剣に試行錯誤を繰り返して、成果は出ています。ただ客観的に見るとさかな屋に固執してしまっているようにも思います。もっと稼げるビジネスがあるはず。もっと人のためになるビジネスがあるはず。

違うビジネスを創ることが自分の最大の課題じゃないかと思います。

この2年で培ったものは良いスタッフを育てる自信です。起業当時は孤独でただがむしゃらに働いただけでしたが、今は自分の行動を支えてくれるスタッフや、深い部分で話ができるスタッフがいます。

僕は彼らが誇れる自分になりたい。

柔軟に、かつ大胆に ”仕事を創る” 人になりたいです。今年はこの思考を大切に精進しようと思います。

なんとなく生活している方はいませんか?刺激が欲しいと思う時期が僕にもありました。でも自己の感じる刺激は何かに刺激されるほど真剣な自分があってこそです。今年を最高の1年にするために最高に真剣な1年にしましょう!

ハイテーブルの構造変更

ようやく完了しました。ハイテーブルの作り替え。たったこれだけで疲れるのは老いを感じざるを得ないです。ただ、今回は丁寧に塗装したので仕上がりには自信があります。達成感はすごいです!

さかな屋ではローテーブルとハイテーブルを使い分けています。単にオシャレのためでなく、お客様層の調整をテーブルの高さで行っているわけです。

ローテーブル:~70代・ファミリー

ハイテーブル:~50代

ハイカウンター:~50代

今回の変更で以下のように変更になります。

『ハイテーブル:~60代』

テーブル高を8cm下げました。背が低い方でも足つきが良くなって、さらに上の世代まで着席可能です。目的は来年のるるぶ掲載後の海鮮丼需要の増加を見込んでのことです。

こういった改装って、割と重要なように思います。お客様の様子を見ながら最適化していき微調整を繰り返し続ける。その時は良くても日々人の求めるものや流行りも変わっていくわけですからね。ほっともっとさんが2年に1回店舗改装を入れるのもそういった変化に柔軟に対応するためでしょうね。

経営は頭だけではできません。思ったことをすぐに実行する行動力が必要です。PDCAPDCAPDCAPDCA・・・・・・社会人時代に徹底したこのサイクルは一生有用なようです。

 

Hiroki Yoshitani

P-ZONE一斉休業とのこと

なかなか衝撃的な出来事です。

P-ZONEが10月31日付で一斉休業となりました。調べてみると、現在はスーパースロット大塔店を残して全店が休業中です。リニューアル時期は決まっていないとのことですが、群馬県のNEXUS株式会社が買収したとの情報です。その場合はD’STATIONとしてリニューアルオープンするのでしょうね。

長崎人としてはとても悲しい話題です。

P-ZONEは株式会社パラダイスが運営していて、本社は長崎の佐世保です。社員330名ということはバイト・パートも含めると相当な数です。地元への貢献度抜群の企業さんです。福岡にも出店していて、福岡に住んでいるときもよくCMを見ました。

最近の長崎は三菱の分社化や今回のP-ZONEの閉店などあまり明るくない話題が多いです。だからこそやはり僕らの世代が踏ん張るしかないと思うんです。なぜなら僕らは栄えた時期を知らないんです。就職も氷河期で給与平均も低く終身雇用も不安定で年金も不安。どの世代よりも多くの疑問を抱えながら生きていると思います。苦しい時期が長いほど絶対に強くなります。

栄枯盛衰。さすがに次は栄える番でしょう!

長崎から超成長企業が出てくるように、可能なら自分が創出できるように虎視眈々と狙い続けます。とは言え今のままではまだまだ無理なので、来るチャンスに備えて勉強&勉強&勉強です。

明るくないニュースばかりでも肩を落とさず頑張りましょう!

Hiroki Yoshitani

 

次の長崎市議会議員一般選挙に出ようかなと。

長崎市議会議員一般選挙
任期満了日:平成31年5月1日

ということは選挙は平成31年4月ということになるでしょうね。

その月で僕も32歳になるわけですが、次回を逃すともう35歳を超えてしまします。今が最大のチャンスでしょう。起業した理由も政治参画するためだったので、ここで尻込みしているわけにもいかないです。

よく「長崎に若者を!」と言いますが、個人的には現状不可能だと考えています。僕もそうでしたが、首都圏で働いた後に長崎に帰ってきて、以前の生活水準を保つことはほぼ不可能です。起業する以外には。

東京は物価が高いと認識されていますが、そもそも日用品・食料品は東京の方が安く手に入ります。更に長崎は便利な場所は関東並みに家賃が高く、駐車場代も非常に高いです。僕は埼玉の大宮に住んでいましたが平和町地区とほぼ同程度です。その他にも東京であれば車は必要ありませんし、国内・海外旅行への起点でもあります。だからこそ東京並みの給与水準を確保できなければ帰郷を促すことはできないのではないかというのが僕の私見です。

しかし、結婚や出産のタイミングで帰郷したくなる人が多いのも事実です。僕も何度か友人から相談を受けたことがあります。が、やはりその決断は難しいようです。

長崎に若者を!という発想はとても共感できますが、可愛い子には旅をさせよとも言えて、経済の中心地でいろんな経験を積んで欲しいのも事実。だからこそ具体的に帰郷を迫れる、選択できるような手法を用いて社会人として脂ののった28・29歳あたりの若者を長崎に引っ張る流れができるといいんじゃないかと思うんです。

自分なりに考えていることはありますがそれはまた次回。

まだまだ個人的に成長することが必要不可欠ではありますが、何より考え続けること。発信し続けること。個人サイトかつコメントを受け付けていないことで自由に発言できています。批判されると心が折れそうなので。

HwwwM ではさかな屋を利用して月に1回、いろんなセミナーを実施しようと動いています。

今月は格安SIMセミナー、次回は営業セミナーか投資入門セミナーかなと。ゆくゆくは外部講師を呼んで就活セミナーを実施したいと考えています。自分が社会で得た知識を地域還元していくことも自分にしかできない一つの重要な仕事です。

いろいろやってみます。

Hiroki Yoshitani

格安SIM設定代行サービス

こんにちは。HwwwMです。

物は試しということで、早速提案書を作りました。

提案書を作りながらドスパラなんかの代行サービスも覗いてみましたが、なかなかいい値段します。さらに、提案書を作ることで多くの方が格安SIMに移行できない理由も理解できてきました。

世の中にはいろいろな代行サービスがありますし、設定代行などは特にネットで批判の対象になるような事業です。しかし考え方を変えれば世の中全てが代行サービスであるとも言えます。クロスの張替えだって自分でやればいいし、テーブルだって作ればいい。自分にできない・めんどくさいことを誰かがやるからそれを買う。サービスであるか目に見える物であるかの違いはありますが。

今回の設定代行サービスについても同じことで、できる人は自分でやる。できない人、めんどくさいと思う人は設定代行に丸投げする。それでいいのではないかと思います。2・3か月で元が取れますからね。

まずは説明会をさかな屋で実施してみようと思います。

何でもいいんです。僕らの世代が何かやる必要があると思うんです。おしゃれに稼ぐ姿より、トライ&エラーを繰り返しながらもがく姿が地方に必要な気がします。

やったるで!!

Hiroki Yoshitani

格安SIMの設定代行は事業になりえるか。

こんにちは。HwwwMです。

飲食業、WEBサイト制作、為替取引と休むことなく働き詰めです。そんな中でも新事業を模索するわけですが、当方、会社員時代の最終の経歴はSoftBankの法人営業でした。そんな経歴も相まってか格安SIMに関する問い合わせが非常に多いです。さかな屋でカウンターに来られた方からも色々と質問を受けます。

「設定代行の名目で申し込み補助までして作業費を貰えば儲かるんじゃない??」

割と確信に近いものがあります。作業費で1万円いただいても3ヵ月程度の利用でユーザは得をすることになるので、投資コストとしては最強です。月間20人程度なら余裕で対応可能ですし。

そもそも格安SIMって何なの?電波はどうなの?何か落とし穴があるんじゃないの?

結論から言うと、全く問題はありません。

格安SIMはとどのつまりはSoftBank、Docomo、auなどが頑張って建てた電波塔を借りて使っちゃおうといったサービスです。(詳細まで見るとちょっと違いますが)

要は電波については上記3キャリアのものを使用するため、基本的に電波が悪くなることはないんです。

じゃあ何で安いのか。わかりやすい部分で言うと人件費などのコストが非常に少ないからです。格安SIMの会社は実店舗を構えていないところが多いです。賃貸料、人件費、投資コストが非常に少ないんです。その分を利用者に還元しているため価格は当然安くなります。大手キャリアは人件費だけでも何万人の暮らしを支えているのですから、高くなって当然です。さらには電波塔などの通信エリア拡大のためのコストも大手キャリア持ちなので。

ではなぜみんな格安SIMに乗り換えないのか。

「WEB完結だから分からない!」

 

田舎の人は都会ほどITリテラシーが高くなく、WEB完結のようなサービスは不安なんです。長崎の場合、PCデポやYモバなどが賑わうのは「店舗で説明を聞きたいから」なんです。もしもシークスが長崎大学付近に出店しましたが閉業しました。地域性からの憶測にすぎませんが、サービスの問い合わせの割に契約数が伸びない、1件あたりの問い合わせ対応時間が長すぎるなどの問題が多かったのではないかと思います。ポジティブな閉業なら契約数のノルマ分を刈り終えたといったところでしょうが、可能性は薄い。

 

僕の場合は夫婦の利用で、以下のように通信コストを抑えてきました。

SoftBank2台=20,000円

(MNP)au2台=13,000円

(MNP)mineo2台=8,500円 ※auiPhone1台継続利用、Zenfone3分割購入1台

 

Zenfone3を2台分割購入しても10,000円なので、夫婦なら10,000円毎月浮くんですよね。やらない理由はないですね。

格安SIMの説明が長くなりましたが、格安SIMの仕組みを確実に理解してもらえる提案書を用意して、その後の設定作業の補助まで受けてあげればみんなWIN-WINな気がします。提案書を作ってさかな屋の一角に設置してみます。長くは続かないでしょうが、為替や株の投資資金を貯める感覚でやってみます。

Hiroki Yoshitani

WEB集客対策完了。

こんばんは。

10月からの集客対策が完了しました。

HwwwMでは、自社飲食事業の広告対策も全て行っています。自社事業とは言え楽ではないです・・・だって、食べログの内容を変えればGoogleマイビジネス、ホームページの内容も変える必要があるし、さらにはメニュー表も作り変える必要がありますから。

とは言えとても重要な作業なんです!

昨年の実績からも、10月から12月の3ヶ月間は飲食店としては稼ぎ時になります。既存顧客のリピートと新規顧客の開拓・固定化のサイクルをこの時期に強化することが飲食店としては重要です。

Facebook、食べログ、Instagram、Googleマイビジネス、自社ホームページ・・・

HwwwMではホームページ制作を一つの事業として行っていますが、ホームページ制作を含めたWEB対策の外部責任者のようなポジションに昇華していった方がお客様にとってのメリットも大きいのではないかと。最近は更新が必要なメディアが複数あるのが当たり前ですからね。もちろん値上げはしますけれども。

自分で分析して数字の動きを見ているからこそ、現時点で集客に関する不安はそこまで大きくはなく、それこそが様々な物事を思案できる最大の要因です。

10月が始まり、年末までは本当にあっという間です。濃く短い3ヶ月の間にまたさらにどこまで成長することができるか。常に瞬間瞬間でPDCAのサイクルを繰り返していこうと思います。

起業されたい方、会社員の方、環境は様々ですがとにかく向上心を持ち続けて3ヶ月後は全く違う自分になれるよう頑張っていきましょう!

Hiroki Yoshitani

食べログ:アクセス解析

食べログの有料広告を9月4日から夜仕様に変更しました。

「居酒屋 浜口」の検索結果でもヒットするよう、内部SEOの対策を実施し、見た目で興味を惹くことができるよう、トップ画像も変更しました。

 

まだ正式な月次レポートは届いていませんが、現時点の見込みでは以下の通り。

8月:2,378

9月:4,500~5,000(見込み)

アクセス数としては約2倍程度になります。Googleマイビジネスと食べログ、店舗HPでアクセス数を狙った通りに稼げているため、現時点でのWEB集客の対策は非常に好調と言っていいかと思います。

 

年末に向けてコース予約の獲得や来客数増加を想定した要員調整など、店舗として管理すべき事項は山積みです。一先ずはFOOD及びDRINKメニューの更新が急務です。全て9月中に押し込んで10月からは投資の方の勉強に全力で取り組みたい次第です。

頑張り時です!

Hiroki Yoshitani