10/18 今日の値動き考察

こんばんは。HwwwMです。

本日は理想的な転換点でした。

私見ですが為替に絞って言うと、時間軸が短くなるにつれてギャンブル性が高まって、時間軸が長くなるにつれてギャンブル性が高まるような気がします。

前者は本当にギャンブルです。相場の方向性が定まっても逆には動きます。スキャルピングは本当のプロ以外は無理な作業です。為替がギャンブルと認識されがちなのはこの層の取引ばかりクローズアップされるからでしょう。時間軸が長すぎると小資本では利幅が少なすぎる上に、北朝鮮などのミサイル問題に対処できない可能性があります。

時間軸を延ばすことで確率理論に基づいてきます。「今の流れがこうだから、数時間後にはこうなる。」といった発想です。僕はこれで勝率7割を超えています。

思うに、短期的な大衆心理は初心者を多分に含むんではないかと。

 

今日のチャートは4時間足や1時間足で見るとなるべくしてなっています。

 

このチャートから予測できる値動きはよほどのことがない限り上昇です。ただどこまで上昇するかは少なくとも今の自分では判断ができません。

前回高値にタッチする辺りが決済ポイントでしょう。

その後の上昇も予見はできましたが、飲食事業のOPENだったので今回はエントリーしませんでした。

結果はこんな感じ。

利益確定としては本日は1回の取引のみで4,000円程度。8連勝です。

運ではなく根拠を求めることで勝率は上がります。なぜなら為替は世界の情勢を表すものでギャンブルではないからです。

 

「勝ちたければ勉強しろ!」

 

勉強を怠って可能性を信奉すると全てがギャンブルになって、データから判断するものは例えパチスロであろうとギャンブルではないと僕は思います。

みなさんの将来の勝率は何%ですか?

勝率を上げる方法を模索し続けましょう!

 

Hiroki Yorhistani

次の長崎市議会議員一般選挙に出ようかなと。

長崎市議会議員一般選挙
任期満了日:平成31年5月1日

ということは選挙は平成31年4月ということになるでしょうね。

その月で僕も32歳になるわけですが、次回を逃すともう35歳を超えてしまします。今が最大のチャンスでしょう。起業した理由も政治参画するためだったので、ここで尻込みしているわけにもいかないです。

よく「長崎に若者を!」と言いますが、個人的には現状不可能だと考えています。僕もそうでしたが、首都圏で働いた後に長崎に帰ってきて、以前の生活水準を保つことはほぼ不可能です。起業する以外には。

東京は物価が高いと認識されていますが、そもそも日用品・食料品は東京の方が安く手に入ります。更に長崎は便利な場所は関東並みに家賃が高く、駐車場代も非常に高いです。僕は埼玉の大宮に住んでいましたが平和町地区とほぼ同程度です。その他にも東京であれば車は必要ありませんし、国内・海外旅行への起点でもあります。だからこそ東京並みの給与水準を確保できなければ帰郷を促すことはできないのではないかというのが僕の私見です。

しかし、結婚や出産のタイミングで帰郷したくなる人が多いのも事実です。僕も何度か友人から相談を受けたことがあります。が、やはりその決断は難しいようです。

長崎に若者を!という発想はとても共感できますが、可愛い子には旅をさせよとも言えて、経済の中心地でいろんな経験を積んで欲しいのも事実。だからこそ具体的に帰郷を迫れる、選択できるような手法を用いて社会人として脂ののった28・29歳あたりの若者を長崎に引っ張る流れができるといいんじゃないかと思うんです。

自分なりに考えていることはありますがそれはまた次回。

まだまだ個人的に成長することが必要不可欠ではありますが、何より考え続けること。発信し続けること。個人サイトかつコメントを受け付けていないことで自由に発言できています。批判されると心が折れそうなので。

HwwwM ではさかな屋を利用して月に1回、いろんなセミナーを実施しようと動いています。

今月は格安SIMセミナー、次回は営業セミナーか投資入門セミナーかなと。ゆくゆくは外部講師を呼んで就活セミナーを実施したいと考えています。自分が社会で得た知識を地域還元していくことも自分にしかできない一つの重要な仕事です。

いろいろやってみます。

Hiroki Yoshitani

さかな屋ポスター制作

こんにちは。HwwwMです。

さかな屋のポスターを作ってみました!

ご来店いただくお客様に敢えて「実家が鮮魚店なので」とお伝えしてみたところ、意外と気付かずにご来店されているケースが多いことが判明しました。ただの海鮮丼屋で食べた海鮮丼よりも、鮮魚店直系の海鮮丼屋の海鮮丼の方が絶対に美味しく感じます。WEBの発達もあって、料理は五感よりも情報から楽しむものだと僕は考えてます。

これはダメだということで急遽作りました。

お客様の反応は非常に良好で、立ち止まってご覧いただく方が明らかに増えました。偶然お客様が増えることほど怖いものはなく、意図した集客が続くうちはある程度安心できるものなんです。これは僕の経営理念でもあります。

足りないものはすぐ作る。足りない部分はすぐ修正する。会社員時代も同じですが全ては行動力とスピードです。とにもかくにもいい仕上がりになったので、頑張って作って良かったです。

Hiroki Yoshitani

格安SIM設定代行サービス

こんにちは。HwwwMです。

物は試しということで、早速提案書を作りました。

提案書を作りながらドスパラなんかの代行サービスも覗いてみましたが、なかなかいい値段します。さらに、提案書を作ることで多くの方が格安SIMに移行できない理由も理解できてきました。

世の中にはいろいろな代行サービスがありますし、設定代行などは特にネットで批判の対象になるような事業です。しかし考え方を変えれば世の中全てが代行サービスであるとも言えます。クロスの張替えだって自分でやればいいし、テーブルだって作ればいい。自分にできない・めんどくさいことを誰かがやるからそれを買う。サービスであるか目に見える物であるかの違いはありますが。

今回の設定代行サービスについても同じことで、できる人は自分でやる。できない人、めんどくさいと思う人は設定代行に丸投げする。それでいいのではないかと思います。2・3か月で元が取れますからね。

まずは説明会をさかな屋で実施してみようと思います。

何でもいいんです。僕らの世代が何かやる必要があると思うんです。おしゃれに稼ぐ姿より、トライ&エラーを繰り返しながらもがく姿が地方に必要な気がします。

やったるで!!

Hiroki Yoshitani

格安SIMの設定代行は事業になりえるか。

こんにちは。HwwwMです。

飲食業、WEBサイト制作、為替取引と休むことなく働き詰めです。そんな中でも新事業を模索するわけですが、当方、会社員時代の最終の経歴はSoftBankの法人営業でした。そんな経歴も相まってか格安SIMに関する問い合わせが非常に多いです。さかな屋でカウンターに来られた方からも色々と質問を受けます。

「設定代行の名目で申し込み補助までして作業費を貰えば儲かるんじゃない??」

割と確信に近いものがあります。作業費で1万円いただいても3ヵ月程度の利用でユーザは得をすることになるので、投資コストとしては最強です。月間20人程度なら余裕で対応可能ですし。

そもそも格安SIMって何なの?電波はどうなの?何か落とし穴があるんじゃないの?

結論から言うと、全く問題はありません。

格安SIMはとどのつまりはSoftBank、Docomo、auなどが頑張って建てた電波塔を借りて使っちゃおうといったサービスです。(詳細まで見るとちょっと違いますが)

要は電波については上記3キャリアのものを使用するため、基本的に電波が悪くなることはないんです。

じゃあ何で安いのか。わかりやすい部分で言うと人件費などのコストが非常に少ないからです。格安SIMの会社は実店舗を構えていないところが多いです。賃貸料、人件費、投資コストが非常に少ないんです。その分を利用者に還元しているため価格は当然安くなります。大手キャリアは人件費だけでも何万人の暮らしを支えているのですから、高くなって当然です。さらには電波塔などの通信エリア拡大のためのコストも大手キャリア持ちなので。

ではなぜみんな格安SIMに乗り換えないのか。

「WEB完結だから分からない!」

 

田舎の人は都会ほどITリテラシーが高くなく、WEB完結のようなサービスは不安なんです。長崎の場合、PCデポやYモバなどが賑わうのは「店舗で説明を聞きたいから」なんです。もしもシークスが長崎大学付近に出店しましたが閉業しました。地域性からの憶測にすぎませんが、サービスの問い合わせの割に契約数が伸びない、1件あたりの問い合わせ対応時間が長すぎるなどの問題が多かったのではないかと思います。ポジティブな閉業なら契約数のノルマ分を刈り終えたといったところでしょうが、可能性は薄い。

 

僕の場合は夫婦の利用で、以下のように通信コストを抑えてきました。

SoftBank2台=20,000円

(MNP)au2台=13,000円

(MNP)mineo2台=8,500円 ※auiPhone1台継続利用、Zenfone3分割購入1台

 

Zenfone3を2台分割購入しても10,000円なので、夫婦なら10,000円毎月浮くんですよね。やらない理由はないですね。

格安SIMの説明が長くなりましたが、格安SIMの仕組みを確実に理解してもらえる提案書を用意して、その後の設定作業の補助まで受けてあげればみんなWIN-WINな気がします。提案書を作ってさかな屋の一角に設置してみます。長くは続かないでしょうが、為替や株の投資資金を貯める感覚でやってみます。

Hiroki Yoshitani

EUR/USD & USD&JPY

お疲れ様です。

今晩は自宅でチャートとにらめっこです。

毎日毎日見ているとなるほどと思うことがあるのですが、あらかた自分のトレード手法が見つかりました。USD/JPYでの取引にこだわりたいのですが、そのシグナルは素直な相場ではEUR/USDのシグナルを見るのが確率的に非常に高いように思います。

現在の相場です。

EUR/USDは実に読みやすいです。基本的には上記の相場は相反する値動きをします。変動理由にもよりますが。最近この値動きの相関関係だけを注目してきましたが、市場の仕組みだから当たり前ではありますが、かなりの確率で当たります。

ここで重要なのが、通貨ペアの相関関係を知ることでより売買のシグナルを発見しやすくなるということです。USD/JPYの情報だけでこの相場で売買するのはただのギャンブルだと思います。しかし、EUR/USDではシグナルが出ています。EUR/USDの動きを見てUSD/JPYの動きを予想することはこの相場では可能です。

僕の場合はまだこの程度ですが、その他の通貨ペアとUSD/JPYの相関関係を頭に刷り込むことができれば、さらに優位に取引を進めていくことができるのではないかと思います。

 

「相関関係の理論なんか当たり前だろ!」と言われるかもしれません。

 

FXに限らず、ネットには情報が溢れています。しかし、自分なりに噛み砕いてその情報をしっかり理解できる努力をしないうちは自分の知識とは言えないんですね。最近は痛感します。

その点で今日の相場は来週に活きる相場である気がします。

 

Hiroki Yoshitani

WEB集客対策完了。

こんばんは。

10月からの集客対策が完了しました。

HwwwMでは、自社飲食事業の広告対策も全て行っています。自社事業とは言え楽ではないです・・・だって、食べログの内容を変えればGoogleマイビジネス、ホームページの内容も変える必要があるし、さらにはメニュー表も作り変える必要がありますから。

とは言えとても重要な作業なんです!

昨年の実績からも、10月から12月の3ヶ月間は飲食店としては稼ぎ時になります。既存顧客のリピートと新規顧客の開拓・固定化のサイクルをこの時期に強化することが飲食店としては重要です。

Facebook、食べログ、Instagram、Googleマイビジネス、自社ホームページ・・・

HwwwMではホームページ制作を一つの事業として行っていますが、ホームページ制作を含めたWEB対策の外部責任者のようなポジションに昇華していった方がお客様にとってのメリットも大きいのではないかと。最近は更新が必要なメディアが複数あるのが当たり前ですからね。もちろん値上げはしますけれども。

自分で分析して数字の動きを見ているからこそ、現時点で集客に関する不安はそこまで大きくはなく、それこそが様々な物事を思案できる最大の要因です。

10月が始まり、年末までは本当にあっという間です。濃く短い3ヶ月の間にまたさらにどこまで成長することができるか。常に瞬間瞬間でPDCAのサイクルを繰り返していこうと思います。

起業されたい方、会社員の方、環境は様々ですがとにかく向上心を持ち続けて3ヶ月後は全く違う自分になれるよう頑張っていきましょう!

Hiroki Yoshitani

食べログ:アクセス解析

食べログの有料広告を9月4日から夜仕様に変更しました。

「居酒屋 浜口」の検索結果でもヒットするよう、内部SEOの対策を実施し、見た目で興味を惹くことができるよう、トップ画像も変更しました。

 

まだ正式な月次レポートは届いていませんが、現時点の見込みでは以下の通り。

8月:2,378

9月:4,500~5,000(見込み)

アクセス数としては約2倍程度になります。Googleマイビジネスと食べログ、店舗HPでアクセス数を狙った通りに稼げているため、現時点でのWEB集客の対策は非常に好調と言っていいかと思います。

 

年末に向けてコース予約の獲得や来客数増加を想定した要員調整など、店舗として管理すべき事項は山積みです。一先ずはFOOD及びDRINKメニューの更新が急務です。全て9月中に押し込んで10月からは投資の方の勉強に全力で取り組みたい次第です。

頑張り時です!

Hiroki Yoshitani

9/20・21 FOMC発表後の値動き考察

こんばんは。HwwwMです。

昨晩から本日にかけて、別事業が爆発中で値動きを見る暇もありませんでした。投資家を志すものとしては失格ですね。

さて、今回のFOMCの結果です。

んー。正直見てなかったのが痛いのですが、15分足や30分足で勝負するには個人的には不安な動きです。

今回は見てなかったのが痛いですけど、エントリーのタイミングを見誤ると痛い相場です。ただ、トレンドフォローで相場を見る限りでは反転は見られません。

非常に重要な指標を見逃した以上、変な考察はできませんね。

 

その他の事業や家庭の事情もありますが、見逃すのは罪だと改めて実感しました。

悔しいです。

 

 

成長意欲とベクトル

こんばんは。台風前夜の営業を終えました。

掲題の件、どちらかと言うとスタッフに向けた言葉です。

 

スタッフを含め多くの方と接する中で思うことは、「成りたい自分が定まっていない」ということ。仰々しい20年後の姿でなくていい。半年後、1年後の自分さえも思い描いてない。定まってない。

 

この原因は目標の欠如だと思います。

 

目標があるからベクトルがあって、確かなベクトルを得てそこに向かう意欲や意思が生まれる。この仕組みを理解できる人だけが成長し続けられるんじゃないかなと、最近は思います。

僕は今年で30歳になりました。会社員から経営者になり、投資家としての道を模索しています。

上手くいくほど安心している暇はなく、上手くいっている理由を探します。それが意図的に上手くいったのかそうではないのかは今後の経営に密接に関係します。偶然や勢いはいつか失われるからマイルストーンが大切なんです。

スタッフが自分に求めるものは『刺激』

彼らの如何は関係なく、僕は成長し続ける以外の逃げ道はなさそうです。

face to face with you.