長所と短所と私見と他見

長所と短所と私見と他見

こんばんは!吉谷です!

先日、就職面接を控えたスタッフから改まって『私の長所って何ですか?』と聞かれました。
本当に良いところの多い子なので急な質問に僕も即答できず、一旦持ち帰って考えました。

で、今日、僕なりに思う彼女の良いところを考えた上で彼女が書いた自己分析内容をレビューしました。

完璧

よくそこまでしっかりと考えたなと。特に、自身が最終判断をするようなリーダーとしての動きが苦手であることを理解して、周囲への配慮を欠かさずにリーダーを支えることが今の自分の力量で優れたところって書いてた。ここまで的確に自分の現在地を表せるって簡単じゃないことだと思う。そのうち、社会人としての経験が彼女のリーダーとしての資質を開花させてくれると信じてる。

これから学生の子たちは就活のための自己分析に励むと思う。

先輩としてアドバイスできるのは、『長所と短所は殆どの場合で表裏一体』であること。その人が最も優れていると断言できる人間性の部分は実は突かれると最も脆いところでもあるんです。

なので、自己分析の方法としてはどちらか一方、長所か短所だけをしっかりと掘り下げると良いと思う。

僕は頑固だけど絶対に初志貫徹するまで諦めない。そのせいで聞く耳を持たなかったり大切な人たちに心配ばかりかけてしまう。僕を知る人だったら『確かにね』って言うと思う。

スタッフの自己分析結果と僕が彼女に対して出した結論はピッタリ一緒だった。

私見と他見が一致したんならそれは正確なあなたの現在地です。現在地がわからないのに進んでも、それは前進なのか後退なのか判断がつかない。正確な自分の立ち位置が把握できたならそこからまた自信を持って進むだけ。

立派に育ってくれて嬉しいよ!頑張れ!!

Hiroki Yoshitani